CAPSULE COLUMN

『コロナでAV女優の応募が増えた』ってホント!?

新型コロナウイルスの感染拡大によって、性風俗や水商売業界がダメージを受けている一方で、より元気づくAV業界。それぞれの業界比較からAV女優になりたい女性に向けて、AV女優になるための情報をまとめました!

Contents | もくじ

コロナの状況

長引くコロナ不況で誰もが終わりの見えない状況です。2021年になると、首都圏では緊急事態宣言が出されました。特に飲食店関連は営業時間の短縮を要求され、今後も厳しい状況が続くと予想されるでしょう。(3月21日にて首都圏解除の予定)

女性のリストラ状況

コロナによるリストラ状況は日本全国でダメージを与えて、失業率は月ベースで増えています。特にコロナの影響を受け、「解雇されてしまった」「全然稼げない」と悩んでいる性風俗や水商売勤務の女性もいるのではないでしょうか。

性風俗はコロナでもあまり影響が無い?

性風俗店の実態は、短縮営業で稼げなくなっただけでなく、コロナ感染を恐れる客が増えている事から、勤務していても稼げないという女性の声も出ており、ある店舗型風俗店で勤務する女子大学生は「風俗店に8時間の拘束をされても、収入が1万円にしかならず、風俗の仕事を辞めて、今後はAV女優になりたい」といった事例も出ています。性風俗=稼げるといった、これまでの現実は崩れつつあるのかもしれません。

風俗で働く女性は増えている?減っている?

今現在、風俗で安定した給与で働けている女性は減っていると思われます。
弊社のAVプロダクションへ応募に来られる女性から、このようなお話をよくいただいております。

・デリヘル勤務女性(19)
「お客さんが激減した上にコロナの感染リスクから、仕事をするのが怖い」
・キャバクラ勤務女性(24)
「少しでも稼ぐために常連客と直接会っているが、今後に不安がある」
・元風俗勤務女性(26)
「風俗店を辞めて、マッチングアプリを利用してパパ活している」
・ガールズバー勤務女性(20)
「時短営業で月収が減って風俗を始めようと思ったけど、風俗もコロナで稼げないらしいので悩んでいる」
といった女性たちの声が出ている事からも、コロナ前の状況とは異なってきているのかも知れません。

コロナ禍になってAVを視聴する人が増えている?

これまで性風俗店に通っていた男性客も会社や世間体を気にして、自粛気味になり、自宅で過ごす時間が増えている傾向にあります。AV大手のSOD社は2020年3月に0円で視聴キャンペーンを行うと、アクセス集中でサーバーダウンし閉鎖するほどの人気でした。更にAV動画配信を行うFANZAへのアクセス数は増えている様に(以下参照)、コロナによる外出自粛で、AVを視聴する人々は増えているかと思われます。

コロナ禍によるAV業界ってどんな感じ?

濃厚接触が避けられないAV撮影ですが、昨年出された緊急事態宣言では水商売を始めとする多くの施設が休業要請される中で、AV業界はされませんでした。
それはなぜでしょうか?
AV業界はコロナ前から衛生面、安全面には厳しくチェックされてきたからです。
男優、女優への定期的な性病検査や健康面への配慮はとても厳しく、今回のコロナ騒動ではプラスして、出演者やスタッフ全員の検温を撮影の合間にも行うなど、感染対策は徹底されています。そんなコロナにも負けないAV業界では、AV女優の募集を積極的にかけています。コロナ禍の今だからこそ有名なAV女優になるチャンスかもしれません!

風俗業界とAV業界の違いとは?

風俗業界とAV業界では、 働き方がどう変わってくるでしょうか?

①安全面について
風俗:不特定多数のお客さんを相手にする事によるHIVや性感染症のリスク。
AV:基本は性病検査などを行った男優などの身元が確認された特定の人々を相手にする。

②収入について
風俗:コロナの影響で、お店の倒産やお客が来ない時の不安定な生活。
AV:AV撮影やイベント毎のギャラや弊社運営している通販サイトのインセンティブ報酬などで、安定的な給与で生活できる。

③仕事について
風俗:一般男性相手による乱暴なプレイにおける身体的な怖さがある。
AV:プレイ内容やNG事項など事前に確認し、経験豊富なプロ男優とスタッフで、信頼関係を作りながら仕事を行える。

これらが風俗業界からAV業界へ来ることによる主な変化でしょうか。
人気風俗嬢からAVに移籍して人気になったAV女優も多数いらっしゃいます。
そして実際にコロナの現在においても…

弊社AVプロダクション社長
「普段はAV女優の求人に対して週3、4人だった面接の応募が、コロナ禍では毎日面接が入り、1日で3人面接する日もあるほど大忙しである」
といった関係者の声もあるなど、コロナの影響でAV女優になりたい女性は増えてきているようです!

悪質なスカウト会社、個人からのAVオファーなどに注意!

街中でのスカウト、TwitterやSNSのDMを使ったスカウトマンによるAV業界へのスカウトは注意が必要です。まずスカウトマンは女性をAVプロダクションに契約しないとギャラは発生しません。そのため実際の値段よりも高い給料でスカウトやAV女優になるためのウソ情報でスカウトなど、身勝手で強引にスカウトしてくる人もいることを忘れてはいけません。

過去にもスカウトマンが女性に伝えなかったために知らなかったハードな作品に出演させられ、裁判になる事件などが起きています。悪質なスカウトにはご注意下さい。さらに気をつけなければならない事が、TwitterなどSNSから直接AV出演のオファーです。違法販売や事前内容と違うプレイ、ギャラを支払ってもらえずにトラブルに発展する場合もあります。

安心してAV女優デビューするにはどうしたらいいの?

AV女優になるには、AVプロダクションに所属するのがオススメです。AV撮影やイベントの仕事を1人で獲得するのは大変です。プロダクションに所属すれば、継続して仕事をもらえますし、AV女優としてのあなたが有名になるためのプロモーションまでサポートしてくれます。
気になったAVプロダクションへ問い合わせを行うと、後日、AVプロダクションから連絡が入り、面接で契約などを確認した上で、AV女優になることが出来ます。

おすすめの記事