CAPSULE COLUMN

AV女優の避妊対策について

「AV女優を始めてみたいけど、妊娠のリスクが気になって…」と不安な方もいるのではないでしょうか。AVには「中出し作品」といったものが多くあることから、中出し=妊娠の可能性があると思われるかもしれません。しかしAV撮影には、女性が妊娠を絶対しないための秘密と対策があります。今回はAV女優における避妊対策をお伝えします。

Contents | もくじ

実は中出ししていない中出し作品!?

中出し作品といっても、本当に中出しをしているケースは非常に少ないです。大前提として、AV女優本人の許可なく行われることは絶対にありません。仮に無許可で中出しを行い、妊娠してしまった場合にはAVプロダクションとメーカーの責任となり、大きな問題に発展するからです。そのためにAV業界全体は、女性の避妊には最大限の注意のもとで行っています。

でも「実際に中出しされている作品があるような…」と思われる方もいると思いますが、実は多くの中出し作品でも、男優にはコンドームを着用させています。そしてモザイク技術と編集によってコンドームを消して、中出し作品がつくられています。精子に関しても本当の精子ではなく、疑似精子を使っています。挿入行為を行いながらカメラの映らない場面で、擬似精子をスポイトで女性の膣内に挿入、といった撮影方法を行っています。コンドームの着用と擬似精子によって、避妊対策を行いながらも本当に中出ししているような演出に見せることができるわけです。

疑似精子とは?

疑似精子とは精子のように見える液体物をいいます。卵白・ミルク・バナナヨーグルトなどを混ぜ合わせて、本物の精子のような液体物にしたものです。食品で作られたものなので膣内に入れたり、飲んだりしても問題ありません。事前に女優さんの食品アレルギーなどを確認して疑似精子を作るので、アレルギー体質の方でも大丈夫です。

また撮影終了後にはセペを使って膣内を洗浄するので、食品で作った疑似精子が体内で腐るといった心配もありません。疑似精子によって妊娠や体への悪影響なく、中出しや精子ごっくん作品を本当に行っているかのようなシーンを作ることができます。

AV女優としての避妊対策

コンドームの着用や擬似精子によって妊娠のリスクを低くした上で撮影を行っているのが現在のAV業界です。しかし撮影の挿入中にコンドームが破れて精液が漏れるハプニングや、コンドームを着用しない撮影を許可して行う場合もあるでしょう。そのような場合に備えてAV女優としてはピルの服用が大切になります。

避妊率でいえばコンドームを上回るピル(避妊率:コンドーム97%、ピル99%)。多くのAV女優がピルの服用とコンドームの着用によって、避妊率を100%近くにした上で撮影を行っています。コンドームを着用しない撮影の際には、ピルの服用は必須となっています。ピルには毎日服用するための低用量ピルと性行為後に服用するためのアフターピルなどたくさんの種類があります。ピルは避妊だけでなくお肌トラブルの改善になる方もいれば、体に合わない女性など個人差があります。ピルが合わない女性には「ミレーナ」といった新しい避妊薬もあります。

避妊効果が5年続くミレーナとは?

ミレーナとはT字型のリングを子宮内に装着することで可能にした子宮内避妊システムです。膣内に挿れることで子宮に入る粘膜を変化させて、精子の侵入を防いでくれます。ピルと同じ避妊効果が5年間も続き、一度装着すれば長く使用することができます。ミレーナは毎日服用するピルの飲み忘れや行為時のコンドームの破損といった心配もなく避妊効果があります。避妊だけでなく生理痛に対しても効果的であるとして注目されています。

ミレーナの価格は約3〜5万円が相場であり、5年間ピルの服用を行うより安いのもメリットです。しかし女性によっては腹痛などの副作用が起きる可能性もあるため、注意が必要です。
参考:田中レディスライフクリニック

徹底した避妊対策のAV業界

現在のAV撮影ではコンドームの着用がほとんどであり、中出し作品においても擬似精子を使った撮影技術で行われています。AV女優の避妊対策としては、ピルの服用やミレーナの装着で避妊対策を行うことが大切です。AV業界では避妊と性病についての対策が徹底されており、安全・安心に性行為ができる環境になってきています。(性病についてのコラム)

それでも妊娠への不安が強かったり、挿入(絡み)を行いたくない場合にはNGにすることができます。挿入NGであっても、フェラチオやオナニーだけする作品。または顔を出さずに胸や足部分だけでの出演なども多くあります。
カプセルエージェンシーでは避妊対策はもちろんのこと、元AV女優のマネージャーを始めとした女性目線のサポートやご要望に合わせたお仕事をたくさん提供しています。AV女優になりたい、興味がある女性は、いつでも下記からご連絡下さい。

おすすめの記事